×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『フェイシャル・アトピーケア サンプル4点セット』の特徴!

低刺激で自己治癒能力を高める、顔のアトピーや超敏感肌用サンプルセット!

・アトピー肌でも安心な低刺激!
・肌の自己治癒能力を高める処方!
・お肌に合ったお手入れができる!

・アトピーの原因は様々!内面からもケアします!

アトピーや敏感肌(超敏感肌)でも使えるスキンケア化粧品として口コミで評判のビューティiQ!中でも人気なのが『フェイシャル・アトピーケア サンプル4点セット』です。アトピーなどの敏感肌でも安心して使えるように、石油系界面活性剤・鉱物油・人工香料・人工着色料・防腐剤・旧表示指定成分が無添加!またビューティiQで使われている水は、日本名水百選にも選ばれる水を使用しているそうです。この水を独自技術で肌に浸透しやすく、細胞を活発にさせるように処理しているのだそうです。なおビューティiQのスキンケア化粧品は、医師からも高い評価をいただいているそうです。そもそもビューティiQのスキンケアは、植物成分を中心に独自処方なのが特徴!ちょっと噂のスキンケアです。

『フェイシャル・アトピーケア サンプル4点セット』の内容!

  • クリーミーフォーム(美肌洗顔フォーム)
  • 【医薬部外品】ラブレーヌ・スキンクリームV.I.P(美肌ジェルクリーム)
  • アトプロ・ハーブクリーム(敏感肌用保湿クリーム)
  • アレナックス(美肌体質サプリメント)

クリーミーフォームの全成分
水、ジグリセリン、パルミチン酸、ラウリン酸、ステアリン酸、ミリスチン酸、グリセリン、ラウロイルグルタミン酸Na、ホホバ油、ベタイン、ソルビトール、ローズヒップ油、タナクラクレイ、ベントナイト、月見草油、ローズ水、グリチルリチン酸2K、ラベンダー油、オウゴンエキス、コメヌカエキス、リン酸アスコルビルMg、トコフェロール、ヒマシ油、BG、乳酸、クエン酸、エタノール、フェノキシエタノール、ラウリン酸K、塩化K、(銀/亜鉛/アンモニウム)ゼオライト、メタリン酸Na、ステアリン酸グリセリル(SE)、水酸化Na

ラブレーヌ・スキンクリームV.I.Pの全成分
●有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム
●その他の成分:アロエエキス(1)、カッコンエキス、クワエキス、オウバクエキス、クロレラエキス、加水分解シルク液、カワラヨモギエキス、アロエエキス(2)、アボカド油、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、植物性スクワラン、エタノール、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、水酸化カリウム

アトプロ・ハーブクリームの全成分
水、グリセリン、月見草油、スクワラン、DPG、BG、1,2-ヘキサンジオール、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、アルギニン、ステアリン酸、メマツヨイグサ種子エキス、バチルアルコール、水添レシチン、 (アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマー、フェノキシエタノール、トコフェロール、エタノール、カプリル酸グリセリル、ポリソルベート60、オキシベンゾン-4、オレイルグリセリル、ベントナイト、ラウリン酸ポリグリセリル-10、イソステアリン酸ソルビタン、ローマカミツレ油、ハッカ油、ビワ葉エキス、シソエキス、フユボダイジュ花エキス、チョウジエキス、オランダカラシエキス、ゴボウ根エキス、サボンソウエキス、セイヨウキズタエキス、セージ葉エキス、レモンエキス、シアノコバラミン、イオウ

アレナックスの全成分
●内容物:精製アマニ油、キャッツクローエキス、マグロ眼窩脂肪油、ミツロウ、V.B6、ラフマエキス、冬虫夏草エキス、ケイヒ、オリーブ油、レシチン(大豆由来)、葉酸、月見草種子エキス、V.B12
●被包剤:ゼラチン、グリセリン、カラメル色素

●ご注文はこちらから → 「アトピー肌もキレイになれる!」お試し4点が1260円!


ビューティiQの口コミや体験談をチェック!
ビューティiQには、3つのサンプルセット(基本、ニキビ・脂性肌、アトピー・乾燥肌)があるんですが、アトピーとニキビ用のが人気ですね。しかも、その効果をチェックすると、かなり悩みが改善されたという体験談や感想が多かったりします。スキンケアなので、中には相性が悪い方もいるのかもしれませんが、意外と評価が高いのがビックリです。利用者は、女性が多い感じですが、アトピーの悩みを抱える男性の利用者もいるようです。『もう手放せない』といった体験談が多いですね。

アトピー性皮膚炎

アトピーって遺伝なの?!
アトピー性皮膚炎発症の原因は、現在も不明とされているのが一般的な解釈だと思います。そのため、完全な治療方法も確立されていないわけですね。ただ、実際問題としてアトピーの原因は、何も判明していないわけではなく、アレルギーが大きな要素になっていると考えられていえます。現在の解釈としては、即時性のアレルギーと、遅延性のアレルギーの両方が関係があるとされています。

つまり現時点でアトピー性皮膚炎の主な要因と考えられているのが、遺伝的要因と環境要因です。遺伝に関しては、昔から指摘されていて、その昔はアトピーを遺伝病として扱っていたほど。ですが研究が進むにつれ、それだけではないという考えが定着してきました。ただ遺伝は、大きな要因の一つとされているのですが!

そのため両親が幼少期にアトピー性皮膚炎で悩んでいた場合、子供にもその症状が現れる可能性があるわけです。そのためアトピー治療は、自分もしくは配偶者がアトピーで悩んでいたかどうかを確認しておくと、その後の治療がスムーズにできるともいえます。

アトピーの環境的要因について!
遺伝と共にアトピーの原因と考えられているのが環境的な要因です。ただ、環境と一言でいっても様々です。例えばアレルギーの場合、身体の中にある抗体に過剰に反応する抗原『アレルゲン』が原因となりますが、このアレルゲンが食生活の中に複数存在しているということといえます。

例えば乳幼児期は、食事の中に含まれている物質がアレルゲンとなる可能性があることが指摘されています。さらにハウスダスト・ダニ・ホコリなどもアレルゲンとなっている可能性もあるわけです。これらはアトピーに限らず、おおよそのアレルギーに関与している原因ともいえ、当然アトピーもその中に入ってしかるべきということです。

さらに皮膚に付着している細菌が原因の1つになることもあるそうです。そもそも人間の身体は、いたる所に多数の細菌が常在しています。それが病変部位に侵入し、何らかの反応を示すことで、感染症を発生させてしまうわけです。

さらに近年のアトピー研究で注目されているのがストレスとの関連性です。実際に生活の中でストレスを感じている成人がアトピーの悩みを抱えている事例もあるそうです。この他、虐待や生活環境が困窮している場合などもアトピーになるというケースがあるそうです。そのためアトピー治療の中で、その原因がストレスが関連していると思われる場合、ストレスを緩和するという治療方法もあるそうです。


ムダ毛対策に抑毛ローション!肌に優しい!永久脱毛後のムダ毛対策にもオススメ!敏感肌や埋没毛に悩む方にも!子供にも使える安全さです!
>> コントロールジェルMEの口コミ!ムダ毛処理に抑毛ローション!